平成のはいからさん、自転車に乗る

着物仲間が教えてくれた
「サルエルパンツを着物の上から履く」
というファッションが、ずーっと前から気になっていました。
だって、聞くところによればシルエットが袴みたいになって
その上、楽ちんで暖かくて、
しかも自転車にもラクラク乗れるという話だったからです。

そして、先日ついにチャレンジしました。

まず、着たのはこんな着物です。

DSC_0504_R.JPG

着物は、たぶん真綿紬だと思います。
(手触りがふっくらして綿のようだったので)
色はブルーグレーです。

季節はもう秋から冬に入ろうとしているので、
ふっくらした暖かい雰囲気の着物を着たいと思い選びました。

帯は、半幅帯。
着物が大人しめな分、帯は陽気なものにしましたよ。

そして帯締めは、半幅帯なので本当はなくてもよいのですが、
あるとアクセントになって楽しいし、締めていると安心なのです。

全体的には「落ち着いているけれど暗くはなく、ほの明るい」
という感じのコーディネートにしたかったのでした。

そして、合わせたのがこちらのサルエルパンツでしたのよ奥様!

DSC_0506_R.JPG

織で縞柄が入っていて、着物にも合わせやすいです。
こちらのサルエルパンツ(ちなみに人生で初めて買いました)は
楽天で探して購入したのですが、あとでお店の住所を見たら
なんと旭川のお店でしたのよ奥様w↓

サルエルパンツなら! メンズもレディースもコットン 100%ストライプ織り サルエルパンツ ! オールシーズン対応のサルエルといえばコレ! [アジアン ファッション エスニック ファッション 大きいサイズ 黒 派手 ダンス 衣装 アラジンパンツ ポケット くしゅくしゅレギンスin] - エスニック & アジアン マーライ
サルエルパンツなら! メンズもレディースもコットン 100%ストライプ織り サルエルパンツ ! オールシーズン対応のサルエルといえばコレ! [アジアン ファッション エスニック ファッション 大きいサイズ 黒 派手 ダンス 衣装 アラジンパンツ ポケット くしゅくしゅレギンスin] - エスニック & アジアン マーライ

ご近所さんなら、自分で直接お店に行って色を選べばよかったな~。
それでもまあ、注文して届いたダークブルーとライラックは
それぞれよい色でした(写真のサルエルはダークブルーです)。

さて、この組み合わせの上からウールの道中着を羽織って、
ウールのショールを巻いて、自転車に乗りました。
漕ぎだして数秒後の、私の気持ち。

「すっごく快適。すっごく快適!」(感動のあまり連呼)

何を隠そう、十年ほど前に、着物を着た状態で
自転車に乗ったことが何回かありましたが(!)
足元がはだけるのがとにかく不快でした。
手で裾を抑えてもバサバサし続けるし
全然気持ちよく乗れないんですよね。
すれ違う人達もびっくりしているし(笑)
やる方も見る方も不幸(笑)という悲劇になっていました。

またあるときは、着物の上から長めの前掛けをしたり、
あるいは二部式雨コートの下を着用して
自転車に乗ってみたこともありました。
着物オンリーのときよりはよいけれど、
それでもやっぱり時々足元がバサバサして
快適には漕げませんでした。

サルエルパンツは本当に快適でしたよ~。

(着物を着ている嬉しさ)+(自転車を気持ちよく漕げる快適さ)=(こみ上げる笑顔と笑い声)

って感じでした。なんかイメージ化すると危険人物っぽくなりますが(笑)
本当に楽しくて、気持ちのよいサイクリングでしたよ。

そして、着物に袴(?)を履いて自転車に乗る、ということで
私の脳裏には「はいからさんが通る」が思い浮かんだのですが、
自転車に乗っているときの私はあの主人公の紅緒のように
「何だってできる、どこへだって行ける」みたいな
自由で活発でワクワクする気分でいっぱいになれたのでした。

着物は好きだけど自転車も好き、という方には
サルエル袴は超!!オススメです。


ちなみに、なかなか得体のしれない格好なので
予想通り人目を引いてしまいましたが

「私は、自分で着たいと思って今回これを着たんだもの。
誰に何と言われても私の気持ちは変わらないし、
最悪の場合、変態と言われても構わない、後悔はしない」

ぐらいの悲痛な(笑)気持ちでいました。
しかし、私のそんなぷるぷるした決意とは裏腹に
周囲の方々からは意外と好評でしたよー。

「昔の学校の先生みたい。『二十四の瞳』みたいな」
「平安時代の女官みたい」
「蹴鞠とか上手そう」
「俳句とか読みそう」
「着物の先生ですか?」

最後の感想は、完全に想定の範囲外でした(笑)
こんなキテレツな着物の先生はいないと思います(笑)(笑)

ちなみに足元はムートンのブーツでした。
サルエル袴なら、まるっこくふかふかしたシルエットのブーツは
いい感じで合います。

自分の着たいものを、自分の着たいように着る。
こんな自由な楽しみを味わうことができて
私は幸せだなあと思いました。



この記事へのトラックバック