私が一番疲れていた頃

思えば私が一番疲れていたのは、 15年ぐらい前、東京に住んでいた時のことだった。 その頃の私は、人の顔をちゃんと見ることができなかった。 仕事は何とか休まず行けていたものの、 毎日使う駅の駅員さん達の顔はもちろん見られないし、 よく行く近所のスーパーの店員さんや 素敵なパン屋さんの優しい店長さんすら すごく覚悟を決めないと、目も合わせられなかった。 こわかったのだ。 人の表情から喜怒哀楽を判…

続きを読む

本棚に収まる狛犬まろん

自室で作業をしていたら、 横でがさがさと音がしたので 振り返ると、狛犬まろんが 本棚の隙間にすっぽりとはまっていました。 なぜか、とても凛々しい表情です。 「ちょうどいいところに隙間があったから、 ぐいぐい入って、収まってやったのだ!」 シャーンと伸び上がって、 狛犬らしいポーズも披露。 魔除け感がすごいです。 神秘的な狛犬まろんは、 いつもは現れてはすぐに 風のように消えてしま…

続きを読む

二十四節気のよそ行きコーディネート(4)「小満(しょうまん)」

明日、5月21日から6月4日頃までは二十四節気では「小満(しょうまん)」と呼ばれる時期です。前の年の秋に植えた麦が実るころでほっと安心する(=とりあえず満足する)ことから「小満」の名がついたとか。初夏の日の光が地上に降り注ぎ、あらゆる命がぐんぐん育っていく時期です。さて、前回の二十四節気のコーディネートでは「立夏」というテーマでこんな組み合わせを考えましたが前回と同じ、淡い翡翠色の紋綸子(もんり…

続きを読む

七十二候の街着コーディネート(10)「蚕(かいこ)起きて桑を食う」

明日、5月20日から25日頃までは、七十二候では「蚕(かいこ)起きて桑を食う」と呼ばれる時期です。絹糸を生み出すおかいこさんが、桑の葉をいっぱい食べてすくすくと大きくなる頃です。思えば日本は神話の時代から、女神様達が機織りをして働いていたお国柄ですし、『古事記』には蚕の誕生の経緯も出ています(蚕は、オオゲツヒメという女神の死体から生まれたものとされています)。また蚕と言えば、先日、皇后陛下が今年…

続きを読む

泡立つ爽快なシャンプー、できてますか?

思いがけず忙しい1日だった。 充実感はあるけど、くたくたのへろへろだ。 今日の収穫は、シャンプーの仕方を調べたこと。 それというのも今日の日中に 美容室でシャンプーをしてもらったのだけど、 美容室を出てから今に至るまでずっと 頭皮がものすごく気持ちいいのだ。そこで 「こんなにも爽快感の続く洗い方を 自分でもできるようになれないかな?!」 と思い「シャンプーの仕方」で検索した。 すると、若い男性…

続きを読む

2018年ゴールデンウィーク後半の道北の花々

アップしそびれていた、ゴールデンウィークのお写真。私の住むまちでは、ゴールデンウィークの後半はずっと雨に見舞われたけれど、それでも強引にカメラを持って出かけてみた。今しか咲かない花を今撮りたい、と思ったからだ。こちらは旭川市近郊にある、みごとな桜林。やっぱり、ソメイヨシノよりはずっと色が濃い。そして見るたびに桜餅を思い出す、美味しそうな配色のエゾヤマザクラ。雨に濡れた桜も風情があってよいものだけ…

続きを読む

寝不足なのだ

胃が荒れている不快感で、眠りが浅く 今朝は午前4時前に目が覚めてしまう。 結局、いつもの半分くらいしか眠れなくて 大丈夫かなーと心配しながら出勤したが、 終業時刻まで割ときっちり働けてしまった。 すごいぞ私。頼もしいぞ私。 それでも、家に帰ってきてから一気に疲れが出て 今日は早々に寝ることにした。 そして狛犬まろんも、今日は何だか元気がない。 私が家事をしに離れていこうとすると 「ねーちゃ…

続きを読む

酢キャベツダイエットからのリバウンド

5月の初旬に会った知人女性が、 一ヶ月で4kgの減量に成功していて 「酢キャベツダイエット、いいですよ! 簡単にするすると体重が落ちましたもの!」 と言っていたので早速試したところ、 初めて一週間ぐらい経つと本当に日に日に 体が絞れてきて「すごい!」と感激していたが 酢キャベツを食べる度に体が冷える気がしたのと 食べること自体がなぜかだんだん楽しくなくなり、 つらくなって酢キャベツをやめてみたら…

続きを読む